iPod日記

アクセスカウンタ

zoom RSS iPod日記(134)-優先席

<<   作成日時 : 2006/05/24 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昼間は晴れて夏みたいな天気だったが、夕方になって夕立が降ってきた。
 先々週から体調が今一つで、今週も昨日から体の調子が悪かった。
 タバコを吸っていた頃は、体調のバロメーターは、タバコの味だったが、タバコを止めてからは、歩くスピードがバロメーターになっている。体調のいい時は足どりも軽く、階段も駆け上がるのだが、体調が悪いと、足どりが重くなり、すぐエスカレーターに乗ってしまう。
 今年は8月に人間ドックに入ることになった。どこかに悪いところが見付かった方がいいのかもしれない。
 生活習慣の方にも問題があるのかもしれない。

 ところで、昔NHKのドラマで『シルバーシート』という番組を放送したことがある。シルバーシート(今は「優先席」と呼ばれている)に座るということは、自分が年老いたことを認めることだ。自分はまだ老人ではないと思っている。だから、優先席にはまず座らない。座ったとしてもいつなんどき座るべき人が来るかもしれないから、落ち着かない。それが嫌だからだ。
 ところが、日頃優先席を見ていると、若者が図々しく座っていることが多い。しかも、ケータイの電源をOFFにしないで。
「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください。」
という放送が聞こえないのか。電源OFFというポスターが見えないのか。最近は、優先席付近の吊革は黄色になっているのだ。そんなのは全くお構いなしだ。中には、優先席に座って堂々とケータイで長々と話をしている馬鹿がいる。
「馬鹿か。お前ら!」
と言いたいところだが、下手に注意すると逆切れされると嫌なので、黙っている。
 「優先席」は法律か何かで決まっているのだと思う。車椅子用の駐車スペースも点字ブロック同様だ。必要な人がいるからあるのに、無視していいのか。そんなことをしていると東横インの社長のようになる。私は、東急インには入っても、東横インには絶対泊まらない。東急東横線というのがあるから、紛らわしい。
 私の学校には5年間車椅子の生徒が生活しているから、車椅子用の階段昇降機や車椅子用のトイレがある。最初からあった訳ではない。彼らのために大金を支出して改造したのだ。少なくても必要な人はいるのだ。だから、誰も文句は言わない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
iPod日記(134)-優先席 iPod日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる