iPod日記

アクセスカウンタ

zoom RSS iPod日記(374)-iPodとiTunesのデータ

<<   作成日時 : 2009/02/28 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 iPodとiTunesが優れている点に曲を追加した日時や再生回数、最後に再生した日時、お気に入り度(レート)などのデータをiPodケーブル(人間のへその緒みないなもの)で「同期」(シンクロナイズ)すると、新しい再生データの方に同期して更新されることが挙げられる。iPodで聴いた曲の再生データは、iTunesに移行され、iTunesで聴いた曲の再生データはiPodに移行される。
 しかし、今までにソフトの都合(トラブル)でWindows版のiTunesの時に1、2回データが消えたことがあり、一番大規模に消えたのは、5000曲ぐらいの曲データをWindowsからiMacのiTunesに移す時だった。Windows版の曲に付随したデータファイルと思われるものも移したのだが、ファイルシステムが違うのか、Mac版には移されなかった。だから、Windows時代に蓄えた曲の再生に関するデータは消えてしまい、5000曲あまりが未再生曲扱いになってしまった。Mac版に移行した時に曲そのもののデータを移すことだけでも大変だったので、曲に付随したデータが消えたことはしょうがないと諦めた。
 Macに移行してから移した曲を「未再生」扱いにして「スマートプレイリスト」に「全未再生曲」と「未再生100曲」というプレイリストを作り、後者をiPod Nanoに「同期」するようにした。そして、Podcastなどを聴いて暇になった時などに「未再生100曲」の中の曲を聴いてお気に入りの★マークを付ける(レート)を作業を地道に続けていたら、約1年かかって「全未再生曲」が0になったので、今は、「1回だけ聴いた曲」や「2回聴いた曲」などのプレイリストを作り、最も以前に聴いた順に50曲ずつiPodで聴けるようにしている。これも約1年ぶりぐらいで聴けるのだ。膨大な曲から100曲とか50曲を選ぶと、アーティストが適当にバラけていてabc順に再生されるので、飽きることはない。
 iTunesで聴く時は聴く度に「スマートプレイリスト」から消える。「未再生」から消えるとしばらくはリストから消え、全部聞き終わると、前に再生した曲から古い順に「1回再生」のリストに入り、iPodと同期する度に曲が入れ替わる。同期するリストを100曲ぐらいずつにしておくと、曲の入れ替えに結構時間がかかるので、50曲ぐらいずつにした方がいい。
 今のところ、お気に入りマーク★が付いている曲は1600曲弱までに復旧した。お気に入りの曲だけ聴きたい時は、「トップレート」から「500曲」ぐらい選んでiPodやUSBフラッシュメモリ(4GB)で聴く。遠距離ドライブをする時などは、この「トップレート1000」を4GBのフラッシュメモリで聴くと、いちいち操作しなくても好きな曲を次々に聴けるから気分よくドライブが出来る。
 この「スマートプレイリスト」の設定を工夫すれば、4GBや8GBのiPodでも十分に楽しめる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
iPod日記(374)-iPodとiTunesのデータ iPod日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる