iPod日記

アクセスカウンタ

zoom RSS iPod日記(402)-私の社会体験(職業体験)

<<   作成日時 : 2009/10/19 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 暇があったら、自転車で日本全国や世界放浪の旅に出たい。ところがまとまった休みは取れないのが実情である。だいたい自分の自由になるお金がほとんどない。しかたないから、日帰りのサイクリングをしているのが関の山だ。
 私は大学を出てすぐに教員になったので、小学校に入学して以来、学校の中で生活している。そういう意味で社会体験が皆無に等しい。教員免許法を変えて大学を6年制にするとか10年に1回大学で勉強するより、教員の社会体験をもっと推進した方がいいと思う。学校は日本や世界の次世代を担う青少年の健全育成を目的にし、間接的に社会貢献をしているとは思うが、社会からはビニールで隔離された温室のような場所である気がしてならない。厳しい世の中を逞しく生き抜いていくためには温室の中から出て社会的な体験をする機会をもっと多くした方がいいと思う。
 そういう方針のもとに十数年前から文部科学省の指導のもと、職業に対しての学習や職業体験を推進し、地域の方々から学ぶ機会を設けたりしている。そうでもしない限り、社会の厳しさや働くことの素晴らしさなどに触れる機会をほとんど得ることが出来ないのが実情だ。
 私の親の世代までは、丁稚奉公や弟子入りして手に職を付けるという経験を15歳前後からしている人がほとんどだった。今は、高校や大学でアルバイトを経験する中で自分の出来る仕事を色々経験することは出来るが、何年も同じ場所にいて修行をするという経験はあまりないと思う。
 私の数少ない社会体験の中で一度だけ1ヶ月間住み込みの丁稚奉公体験をしたことがある。
 それは、大学2年生の夏休みのことだった。  (つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
iPod日記(402)-私の社会体験(職業体験) iPod日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる